臨界期

画像の説明

臨界期とは、発達過程において,その時期を過ぎるとある行動の学習が成立しなくなる限界の時期のことである。
たとえば、乳児期に白内障で視力をうしなった人は、成人になって開眼手術を受けて目が見えるようになっても、物の形を認識することができない。臨界期を過ぎているのである。
よろこ