渡し船

画像の説明

マダガスカルの地方で、橋がない場所がある。でも全く問題ない。主要な道路なので渡し船が毎日朝6時から夕方6時まで運行している。車で渡る場合は、日本円にして往復340円、車が渡し船を利用しているときに人が乗り込むので、人の運賃はただである。川幅は約100m、海に近く水は透き通っている。川に来た時、渡し船が対岸にあった場合は、クラクションをならせば、すぐに3人の船頭が、長い棒を川底に突き刺して船を動かし、こちらに向かってくる。3馬力ではなく3人力である。
喜屋(よろこぶや)カンナ

Ferry

In rural areas of Madagascar, there is a place where is no bridge. But there is no problem at all. Ferry is runs until 6:00 evening from 6:00 in the morning every day because it is a main road. If you pass in the car, 340 yen round trip in the Japanese yen and fare of people is free, because people get into a ferry when the car is using. The width of river is about 100m; the water is crystal clear and close to the sea. When I came to the river, if the ferry was across the river, we call with ringing horn, boatman of three people, stick a long stick with the bottom of the river immediately, coming towards us. It is ‘3 humanpower’ instead of 3 horsepower.
Kanna YOROKOBUYA