見ることのメカニズム

画像の説明

今週の「日曜日のうんちく」のテーマを何にしようかと考えているが(よろこぶやのサイトで毎週紹介しているコーナー)「見る」ことにしようと思う。「見る」ということは、光が目に飛び込んできて、脳の奥深く裏側でその刺激を電気信号に変換して理解している。
その際、脳は形や色を判断しているのだが、混乱をきたすことがある。これが錯視といわれるものだ。お楽しみに!

喜屋(よろこぶや)カンナ