運動する人は頭の回転がいい

ようこそよろこぶやへ

画像の説明

よろこぶやは、おじいさんおばあさんを応援します。

世界中の脳科学者は、適度な運動は脳を活性化し認知症の予防になると言っています。

ちょっとだけ運動しましょう。

それでは、日曜日のうんちくをどうぞ!

文字サイズ:

日曜日のうんちく 

運動する人は頭の回転がいい

ハーバード大学の疫学研究者ジェニファー・ウーヴによれば、

70歳から81歳の女性、1万8,766人の認知能力を分析した結果、

週に12時間のウオーキングか4時間のランニングをしていた人は、

記憶や知能テストで能力が衰える確率が20%低かったとのことです。

この結果から、週に1時間30分のウオーキングでも脳の機能を保てるといいます。

画像の説明

また、

神経科学者のアーサー・クレーマーの調査によれば、60歳から79歳の人たちに、

ランニングマシンで、週に3回、1時間の運動を6カ月間継続させた後、

MRI検査をすると、前頭葉と側頭葉の皮質容量が増えたということです。

皮質の容量が増えると言うことは、脳の中で新しい血管ができたり、

新しい神経細胞が生まれたということです。

その結果、新しいネットワークもたくさんできていて、脳は活性化します。

さらに、単純な運動よりも、複雑な運動ほど脳にいいという報告があります。

不規則なリズムに合わせた運動の方が、単純なリズムの運動よりも、脳の神経回路に

影響をあたえるのです。

ダンスがいいんです。

ダンスも複雑なダンスの方が、複雑な神経回路が必要となりますので、複雑であれば

あるほど神経細胞のネットワークを強く広げていきます。

このように作られたネットワークは、運動に使われるだけでなく、

他の思考にも使われますので、思考能力もアップします。

画像の説明

										

定期的に運動すると、頭がよく回転する!

運動は、脳に二つの刺激を与えます。

一つは運動によって脳血流が増えます。

脳血流は、心臓から脳へ入っていく血液のことです。

血液が増えれば、血液の中に含まれる酸素や脳の唯一のエネルギー源であるブドー糖

もたくさん運ばれ、脳の神経細胞を活性化します。

もう一つは、運動によって脳内物質(神経伝達物質)が増えます。

神経伝達物質が増加し、適正に分泌されると、脳の中で情報伝達がスムーズにできる

ようになるので、脳の衰えを防げるようになります。

運動によって増える脳内物質には、活動性がアップするノルアドレナリン、

意欲や前向きな性格、幸福感に関係があるドーパミン、脳に安定性を作りだすセトロニン

などがあります。

画像の説明

また、定期的な運動で、神経伝達物質を受けとる受容体も増えますので、

情報伝達がさらに広がり、脳は活性化されるようになります。

うつ病になると不足してくるセロトニンも増えます。

セロトニンが増えると、運動することで、精神的な安定が保たれます。

セトロニンはストレス物質であるコルチゾールを抑制していくので、

ストレスに弱くなっている脳を保護するように働きます。

いいことずくめです!

このように

何か覚えようと思ったら、まずちょっと運動してみる。

すると覚えやすくなります。

記憶力をアップするには、運動した方がいいのです。

脳を刺激して活性化する上でも、また記憶力を良くする上でも、

運動は非常に重要なのです。

引用文献:できる人の脳が冴える30の習慣 米山公啓(医学博士)

今週の「日曜日のうんちく」はいかがでしたか?

↓のボタンをポチッとクリックしてください。アンケート投票形式となっています。

選択肢 投票
よかった 17  
まあまあ 1  
もっとがんばれ 1  




よろこ