画像の説明

記憶力

記憶力は物事を理解するための手段にすぎなく、それがすべてではありません。されど、必要な能力です。

好きになること

記憶力をアップするには、好きになることだと言われますが、好きになれないから記憶力がアップしないのです。だから、なぜ嫌いなのかを考えるとよいです。
たとえば、英語が苦手な人は、英語が嫌いですよね。では、英語の学習のなにが嫌いなのか?カンナの場合は、外国人と英語で話すことには、そんなに抵抗はないが、英文の長文を読むと、目が点になってしまう。つまりわからない単語がたくさんでてくる長文を理解するのが面倒でいやなのです。つまり語彙がすくないので、長文を読み続けるのがいやになるのだと考えられます。いやなものは、いつまでたってもいやなものです。でもって、英語の講義を聞いてみることにした。ただ聞き流す。内容は想像して理解するのです。
すると、英語の語彙を覚えるのは嫌いですが、英語の講義をただ聞き流すのは、それほど抵抗はありません。さて、この効果がいつでてくるのかはわかりませんが、ここからはじめてみることにしました。

繰り返し

脳は、そのまま順番に記憶するよりは、間違えたことを記憶する方が得意です。間違えたことだから意識が向けられるのでしょう。だから、だらだらと覚える作業をひたすらやってもダメで、間違えた!と感じる方がいいのです。それには、問題を解いて、間違えるという繰り返しが効果的です。
理屈はわかるのですが、実際にそうなのかを検証したくなります。そこでカンナは、精神保健福祉士国家試験の受験のために、過去問を解いて、間違いをして、それを繰り返すやり方で取り組むことにしました。うまくいくでしょうか?

感動という記憶の接着剤

記憶対象に付属出来事が添付されている場合、その付属出来事が感動することだった場合、記憶はスムーズに行われます。感動しているときは、脳に印象がより強く残るからです。とはいっても、問題を解いていてそんなに感動はしません。それは、より深く調べることです。つまり間違った問題の解答をいろいろな参考書やネットで詳しく調べるのです。すると、あーそうか!!と解答には直接関係がないことで驚いたりします。その感動が、解答を記憶する接着剤となります。問題と解答の内容をよく理解すということになるのかもしれません。
接着材を強くするには、複数の参考書や辞書で調べることです。

忘れる能力

失敗すると、いつまでもその失敗を考えたりして、滅入ってしまいますが、それではダメです。一番問題なのは、失敗したことを考え続ける自分の脳です。自分をいやな思いにしているのは、失敗したという事実ではなく、自分を責めている自分の脳なのです。
脳の思考の向きを変えなければいつまでたっても改善されません。

客観的に上から見下ろすように、考えてみましょう。

例えば、ちょっと取引先を怒らせたとします。自分は大きな失敗と思っているかもしれませんが、取引先はそれほど気にしていないものです。
失敗の事実よりも、自分の脳が自分自身で失敗だと責め続けること自体が問題なのです。

気分転換にジョギングでもしましょう。
ジョギングなどの運動の頻度を多くするのがよいかもしれません。

人間の記憶は、時間とともに曖昧になっていきます。
いずれ、忘れるものは忘れるのです。

よろこ