画像の説明

脳障害と視覚

脳に傷害を受けて視覚に関する部位が損傷しても、その部位によっては不思議な現象が起きます。視覚情報は、網膜、外側膝状体(がいそくしつじょうたい)、第一次視覚野(V1)、視覚連合野に伝達され、色、形、動き等を認識するメカニズムとなっています。

画像の説明

網膜

視覚情報の入り口は、眼球の一番奥にある網膜です。
レンズを通して視覚情報が網膜に伝わりますが、網膜の右側に伝わった情報と、網膜の左側に伝わった情報は、それぞれ別々に伝達されます。

画像の説明

外側膝状体(がいそくしつじょうたい)

左右の眼球の網膜の右側に伝わった情報は、右側の外側膝状体で右側の視野の情報としてまとめられ、同様に、左右の眼球の網膜の左側に伝わった情報は、左側の外側膝状体で、左側の視野の情報としてまとめられます。

画像の説明

V1

外側膝状態でまとめられた左右の視野の情報は、大脳の後ろ側にある第一次視覚野(V1)に伝達されます。

画像の説明

視覚連合野

V1から入ってきた情報で、ものの色や形に関する情報は、
V1→V2→V3→V5 と伝達され、視覚連合野に到達します。
一方、動きや立体視に関する情報は、
V1→V2→V4 と伝達され、視覚連合野に到達します。
視覚の情報内容によって、脳の中の進路が異なっているのです。
このように視覚情報が伝達され、視覚連合野に達して、ようやく視覚情報の内容(色、形、動きなど)を理解することができるのです。

画像の説明

不思議な脳障害

V1全体が機能しなくなると、まったくものが見えなくなります。
しかし、不思議なことに、ある刺激を与えて、視野の中の色や光の動く方向などを訪ねると、かなり正しく言いあてることができます。
V1全体が機能していない患者は、視野の中の刺激を推測することによって、色や光の動きを言いあてていると考えられます。この現象の原因は、外側膝状体が視覚連合野と直接つながっているのではないかと考えられています。
しかし、患者自身には、ものが見えているという意識は全くありません。

逆に、V1が完全なのに、視覚連合野に広範な傷害がある場合は、普通の人より上手に写生ができるのに、自分が何を描いたかを理解することができないという現象が起きます。
V1が健全であるため、細かい線を集めて絵を描くことはできても、それを全体像として統合して理解することができないのです。

参考文献:柳沢桂子 脳が考える脳