ようこそ よろこぶやへ

よろこぶやは、じいさん、ばあさんがより幸せになるように応援します。

文字サイズ:

曇りマークがついたり、雨マークがついたりするお天気です。

台風が接近しているようです。

それでは、日曜日のうんちくをお楽しみください。

日曜日のうんちく 

祈り

画像の説明

いまアメリカでは祈りで治療効果を得ようとする民間の「ヒーリングサークルの

活動が活発になっています。

「私は●●といいます。うつ病と高血圧で悩んでいます。

今日はその治療を祈りに来ました」

全員が名前と目的を順次述べたあと、カウンセラーのリードで、みんなで声を出して

祈りの言葉をささげます。

神を信じていない人は、天でも自然でもなんでもかまわない。

それぞれが自分の方法で真摯に祈ればいいとされています。

祈りがおわると瞑想です。みんな目を閉じ、約20分間、心静かに瞑想をします。

日本と違うところは、こうゆうサークルへの参加を、医師や病院が積極的に進め、

また、病院自らがそうゆう場をつくっていることです。

実際にそのようなサークルに参加して、祈った結果、どれほどの効果があるのかと

いうことですが、伝えられるところによると、うつ病の薬を手放せなかった人が、

薬いらずになり、高血圧の薬も量が減ったということです。

しかし、それ以上の効果があります。

実際に目に見える効果を確認することによって、リラックスの大切さ、病気は外から

治すのではなく、自分の内側から自らが治すものだということを、身をもって体験

する効果です。

ヒーリングサークルは、アメリカでは大きな広がりを見せていります。

なぜなら、劇的な治癒例が出てきているからです。

たとえば、45歳のエイズ患者の男性は、10歩も歩けないほど衰弱して死を待つ

ばかりだったのが、サークルに参加した仲間の祈りによって、半年で旅行に行けるほど

回復をしめしたと言います。

この患者は、医師によって、免疫力の目安であるT細胞の数値が、4から160にまで

高くなったことが確認されています。

これは、まぎれもなく、遺伝子のスイッチがオンになった結果といえます。

日本でブームになっているのが座禅です。

座禅は、前方1.5mをじっと見つめて、目が半開きの状態で行います。

ヒーリングサークルは、祈りと瞑想

仏門は、念仏と座禅

こころを開放、リラックスするところに通じるところがあるのかもしれません。

                  

                      引用文献:「成功の暗号」村上和雄




よろこ