知らず知らずの自己保存

人間の脳は、自己保存のクセがあるようです。

これは、自分と違う意見を発言されたばあい、自分を守ろうとする力が働くということです。
知らず知らずに勝手に脳が判断するようで、この力が強く働く(過剰反応)とあまりよい結末にはなりません。

意見が違うだけなのに、違う意見を発言した人が嫌いになったりもします。

自己保存は、脳のクセなんだから、なかなか直りません。

でも、反対意見が発言されて、その意見に憤慨して反論する場合、「自己保存は脳のクセだ、過剰反応はよくない。」と思い出してください。

過剰反応さえしなければ有意義な議論となるでしょう。

反対意見の相手に嫌悪感を感じたとき、過剰反応しているのですから、注意してください。

脳にはクセがあるのです。

よろこ