瞑想

画像の説明

僧侶が瞑想した時、α(アルファ)波やθ(シータ)波が大量にでるが、これは訓練されたたまものです。

私たち一般人は、なかなか無(空)にはなれないようで、どうしても雑念を思い巡らしてしまいます。

しかし、
いわゆる無の境地に入れなくても、静かな境地に入れます。

自律訓練法
1932年、ドイツの神経生理学者シュルツ博士が考案した方法で、
全身をリラックスさせて、自分に暗示をかけて瞑想する方法です。

修行を重ねたお坊さんでなくても、誰でもが瞑想にはいることができます。

準備段階:「気持ちがとても落ち着いてくる」と自分に言い聞かせる。
第一段階:「両手、手足が重たい」と重さを感じる訓練をする。
右手が重たい
左手が重たい
右足が重たい
左足が重たい

自律訓練法は6段階で構成されていて、第二段階は両手、両足が温かいと繰り返します。

人によって個人差はあるようです。が、こころを落ちるかせる瞑想は、僧侶だけのものではありません。

よろこ