愛の力

若者は、愛をかたり、愛に夢中になります。
年をとると、なかなか冷静である場合がおおいのですが、自分の過去を思い起こすと、愛の力で動かされた経験があるでしょう。
愛の力は、盲目性を生み、「すべてを犠牲にしても後悔しない」などど、しばしば無謀な行動をとるのです。

ところが最近の脳研究で、愛はもっと異なった能力を生みだしていることが明らかになりました。恋をすると脳の処理能力があがるのです。

恋をすると脳の処理能力が上昇する

カルフォルニア大学サンタバーバラ校の心理学者グラフトン博士がこのこと実験で明らかにしました。

実験目的

恋人の名前が表示された単語が英語かどうかの判断に及ぼす効果を測定する。

実験材料

パーソナルコンピューター、モニター、スイッチボタン、ソフト

実験方法

20歳前後の女性36名に、画面に表示された単語が英語かどうかを見分けてもらいます。

実験手続き

① 画面にいつ単語が表示されるかは、合図によって知らせます。
② 単語の表示時間は、1000分の26秒(一瞬です)
③ 合図が示されたら、できるだけ早く、それが英語だったかどうかを判断し、手元のボタンを押します。
④ 判断するまでの時間を測定します。
これは、意識に上がらない刺激ですので、正答率は高くありません。
この実験で、グラフトン博士は、単語を表示する直前(0.15秒前)にその女性が恋している男性の名前を1000分の26秒表示して見せた場合と、友人の名前を1000分の26秒表示して見せた場合との単語判断に要する時間を測定し比較しました。
一瞬なので、実験者は表示されたことに気付きません。にもかかわらす、恋人の名前が出たときには、友人の名前が出たときよりも、単語判断に要する時間が0.03秒ほど速くなったのです。0.03秒速くなったという時間差は、統計学的には十分有意な差です。(有意(ゆうい, significance)とは、確率論・統計学の用語で、「確率的に偶然とは考えにくく、意味があると考えられる」ことを指す。)
つまり、単語判断反応速度の上昇は、恋人がもつ特別な力ということになります。

恋人が持つ特別な力

画像の説明

恋人の名前が、サブリミナル効果(サブリミナル効果とは、意識されないレベルで呈示された刺激の知覚によって生体になんらかの影響があることをいう)を起こし、脳の角回、紡錘状回、さらには、やる気やモチベーションに関係する脳深部を活性化させます。
この現象は、愛情が強いほど強いのです。

さて、よろこぶやカンナは、無我夢中になった時でも、愛の力と同じような力が働くのではないかと考えています。いつの日か、無我夢中のメカニズムを研究して解き明かしたいものです。

参考文献:記憶力を強くする 池谷裕二

よろこ