日曜日のうんちく 

勝利の方程式

多くの人は、「人生を変えたい。自分の可能性を広げたい。」と思い、そのためにはプラス思考が大切だと思いながら、うまくいっていないのが現実でしょう。

うまくいかない原因は、感情が邪魔をしているとと言われています。

ではどのようにすればよいか?

「思考法」を変えれば「感情」を変えられ、ひいては行動を変えられます。

つまり、人生をプラス思考に変えたいのならば、まずは自分の考えが常にポジティブになるようコントロールしていけばいいのです。

プラス思考を習慣にすることで自分の行動を変えていけば、あなたの人生は面白いほど好転していきます。

さて、

どんな「考え方」を習慣にするかで、あなたの人生には、天と地ほどの違いが出てきます。

視野の狭いこれまでの思考法を捨て去り、「成功思考」をマスターする努力を惜しんではいけません。

成果が気に入らなければ、考え方を変える

「優れた思考や行動から悪い結果が生まれることはない。間違った思考や行動から良い結果が生まれることもない。それはトウモロコシからはトウモロコシ、イラクサからはイラクサしか育たないのと同じである。

人は、この自然界の原因と結果の法則を理解しているにもかかわらず、自分の人生にその法則を活かせる人のなんと少ないことか。」

哲学者ジェームズ・アレン

画像の説明


たとえば

稚拙な考え方から良い結果は生まれない

人並みの考え方には進歩はない

すぐれた考え方からは何らかの進歩がある

卓越した考え方からは革新的な進歩がある

ところが

なかなか夢を達成できない人に限って、考え方を変えずに結果だけを変えようとします。

イラクサを植えて、どんなに一生懸命育てても、トウモロコシは収穫できないのです。

収穫物(結果)に満足できないのなら、まく種(考え方)を変える必要があります。

ロデオライダーの話

彼は、アマチュアのロデオサークルで、雄牛を乗りこなしていました。アマチュアのトップクラスになると、プロのロデオ協会に入りたいと思うようになり、指導してくれる人を探しました。

ちょうどロデオ世界チャンピオンが近くに住んでいたので、通うことにしました。

世界チャンピオンに最初に言われたのは、アマチュアのサークルから脱退することです。

「アマチュアとしてやっている限り、アマチュアの考え方から抜けられないし、技術を向上させることもできない」

教えを守り、その日、アマチュアのサークルを脱退し、プロに身を置くことにしました。

プロのカウボーイ協会への入会が認められると、私はすぐに世界チャンピオンのロデオ場に行き、どんな雄牛でも乗りこなすと宣言しました。

ところが、

世界チャンピオンは、一冊の本を手渡すと、今日はもう帰っていいというのです。

その本は、マクスウエル・マルツの「自分を変える心の魔術」でした。

一般的に「牛を乗りこなす秘訣は、できるだけ多くの牛に乗ることだ」と言われていますが、そのように言っている人の中に世界チャンピオンはいません。

彼は、世界チャンピオンの言うことに従って、その本を読みました。

読み終わって、世界チャンピオンのところへ行くと、思考法についての本をもう一冊くれたのです。

彼は、世界チャンピオンの牧場へ行くたびに本をもらい、それを隅から隅まで読みました。

何度目かに世界チャンピオンのところに行った時、もらった本は全部読んだので、牛に乗せてほしいと言いました。

すると世界チャンピオンは、

「牛に乗る前に(頭を指さしながら)ここで牛に乗らないといけないんだよ」と。

つまり、まず頭の中にイメージをつくらなければならないということです。世界チャンピオンは、牛に乗るために、彼の精神面を鍛えていたのです。

ようやく、牛に乗ってもよいと許しがでても、それは樽でできた固定式の牛でした。

彼は、それに乗ることで、あらゆる牛の動きとその反動をイメージでとらえることができるようになりました。

そののち、

彼は世界チャンピオンにはなれませんでしたが、何度もロデオに優勝し、プロとして莫大な賞金を稼ぎました。

でも結局は、ロデオの世界から足を洗い、すばらしい女性と結婚し、今では指折りの人材派遣会社を経営しています。

ロデオの世界だろうと、派遣会社の世界だろうと、成功思考が身についていたのです。

画像の説明


敗者は生き残りを考え、勝者は前進だけを考える

私は誰でしょう?

「私はあなたの変わらぬ友である。私はあなたの最大の支援者、そして最大の重荷である。私はあなたの背中を押すこともあれば、失敗へと引きづり込むこともある。私は完全にあなたの思いのままである。

あなたがする仕事の半分は私に託されるだろう。そうすれば、私はすばやく、かつ正確にその仕事を片づけることができる。

あなたが私に対して毅然とした態度をとっていれば、私は扱いやすい。どのようにしてほしいかを正確に示してくれれば、少しの訓練で自動的に与えられた仕事をこなすことができる。

私はすべての偉大な人類の召使である。そして悲しいかな、すべての破綻者の召使でもある。偉大な人物は、私のおかげで偉大になることができたのであり、破綻者は、私のせいで破綻に追い込まれたのだ。

私は機械ではないが、人間の知性と機械のような正確さで仕事をこなす。

あなたが利益を求めて私を働かせようと、破綻に向かって働かせようが、私にとっては変わりはない。

私を利用し、訓練し、毅然とした態度で接すれば、私は世界をあなたの足元にひざまずかせてみせよう。私をなおざりにすれば、私はあなたを破滅に追い込むであろう。

私は、何あろう、習慣である。」

・・・・・・・・・・・・・・

さて、

成功できないのは、成功するための行動を習慣にしていないからなのです。

成功思考を習慣にすることで成果はかならず上がります。この思考法を自分のものにすれば、目的達成のためのアイデアが次々を生まれ、尽きることがないのです。

思考法は、簡単で、いとも単純なプロセスです。

たとえば、次のようなことが言えます。

成功できない人は、生き残ることだけを考えている

普通の人は、現状を維持することだけを考えている

成功する人は、前進することだけを考えている

目標をしっかりと見定め、それを達成するための犠牲をいとわないのなら、どんな目標であれ、その95%は達成されたも同然なのです。


よろこぶや!認定心理士に挑戦

我が家は、ちょっと前までBS放送が視聴できませんでした。

なので

BSパラボラアンテナを購入して、自分で取り付けました。

アンテナの向きの調整には、手間取りましたが、なんとかBS放送が見れるようになったのです。

でもって、放送大学の講義を聞いてみました。すると

楽しい講義に出くわしました。

それでは、よろこぶや認定心理士に挑戦をおたのしみください。




よろこ