ようこそよろこぶやへ

よろこぶやは、おじいさんおばあさんを応援します。

「うまくできてる」「ここをこうすれば?!」などと言われると、もっと頑張ったりするものです。

他人の評価は、エネルギーの源なのかもしれません。

今週は,「評価」についてです。

それでは、日曜日のうんちくをどうぞ!

文字サイズ:

日曜日のうんちく 

人間は評価されたいんです

脳の変化を調べる動物実験があります。

レバーを押すと餌が出る仕掛けになっている箱にネズミを入れます。

ネズミはその仕掛けを知らないので、最初はレバーを押そうとしません。

そのうち、偶然ネズミがレバーを押して、ネズミは餌をもらえることを経験します。

するとネズミは餌を得るために、頻繁にレバーを押すようになります。

画像の説明

これは、ネズミが強制的にレバーを押しているのではなく、条件づけによって学習された行動なのです。

学習の結果が脳にできあがっていることになります。

ネズミは、餌という報酬があったため、レバーを押すともらえるという仕組みを学習したということになります。

人間ではどうでしょうか。

人間の場合も同じで、報酬がお金であったり、出世であったり、社会的称賛であったりします。

そして、それらの評価を一度でも受け取ることができると、人間はさらなる評価を求めるようになります。

また、他人と比較して、どこが優れているのかを常に求めるようになるのです。

それは、脳が、他人からの肯定的な評価が快感であることを経験し、それを記憶していくからなのです。

さらに、一度その快感を味わうと、「快感の期待」が常に起こり、それが努力することの動機づけになります。

「快感の期待」が起こると、脳は多量のドーパミンを分泌し、意欲がよりいっそうアップするのです。

このため、誰からも評価されないことをコツコツ行うことを、脳は一番苦手としています。

その脳の苦手なことを芸術家はやっています。

芸術家は、評価されなくても、自分と闘いながら、信念の作品を作り上げていきます。

これは、なかなか一般人には、マネのできることではありません。

芸術家は、他人から評価されなくても、自分で現在の自分を評価し、次のレベルに自分が到達したときに味わう快感の期待が、

より一層の努力の動機づけになるのかもしれません。

ところで、

自分にご褒美をあげることで、動機づけを強くすることは、一般的に行われています。

たとえば、

①「今日、ここまで仕事を終えたら、帰りにハーゲンダッツのアイスクリームを食べよう!」

②「後一時間で仕上げて、パーっと飲みに行くぞ!」

などです。

報酬が「ハーゲンダッツ」や「飲みに行くこと」ということは、ネズミの「餌」による動機づけに近い?でしょうか?

ところが、次の日、上司より、「よくやったね」

と言われると、快感が感じられ、その日の仕事は、さらに頑張っちゃいますよね。

脳は、そのような評価を好むのです。




よろこ


引用文献:「稼ぐ」脳 米山公啓

今週の「日曜日のうんちく」はいかがでしたか?

↓のボタンをポチッとクリックしてください。アンケート投票形式となっています。

選択肢 投票
  よかったぞ  4  
  まあまあだね  0  
  もっとがんばれ  0