主人の居場所

エコ:
日曜日になると家でごろごろ
主人は会社でストレスがたまり、
たまの休みは、ごろごろしたいのです。

ところが、どこで「ごろごろ」するのか。

居間の真ん中? テレビの前?

おもわずゴロン。」

エコ:

そんな時に限って、掃除機で部屋の掃除を始める奥さんがいます。

フー:
おいおい 今、掃除しなくても
平日すればいいでしょうが!!

と、主張はするものの、
なんのその。

ぐうーーーん
グ-わーーん

と掃除が始まります。

フー:

おとーさんの
居場所がないじゃん。

エコ:
主人の居場所を作りましょう。

フー:
主人の居場所は、
書斎でしょ。
小さくてもいいから、書斎をつくろう。

エコ:
いやいや ちょっと待ってください。

本当にそうでしょうか。

日本人は、小さいころから、個室を与えられて生活する
海外の個人主義の中で育てられていたわけではない。

個室で、3時間、しずかに読書にふけるといった
趣味をもっている人ならいざ知らす、大半はそうではありません。

では、

どこか?

となると家のどこか

見渡してください。

ありました。

食卓の1/3を独占するのです。

食堂兼書斎兼居間兼なんでもテーブルが
家を見渡せる、家の中心なのです。

画像の説明




よろこ