ようこそ よろこぶやへ

よろこぶやは、じいさん、ばあさんがより幸せになるように応援します。

文字サイズ:

ダメなものはダメってよく言いますが、これは、かなり昔から言われてきたことなのです。

今日は、だめなものはダメっていう話です。

日曜日のうんちく 

ならぬものは、なりませぬ

今泉正顕 の著書 「男をしての[強さ]を身につける本」からです。

<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<

ならぬものは、なりませぬ

やってはならぬことは絶対するな。   

会津藩「日新館童子訓」

倫理・道徳などを守る勇気

これを日本人は失ってしまった。

「ならむものは、なりませぬ」

「ダメなものはダメ」これを守る勇気を持て

やってはいけないと決められていること。

やってはいけないと決められているものは、必ずまもりますという精神が生きていたら、バブル崩壊後の不祥事は発生しなかっただろう。

金儲けのために「道義」を守る勇気を放棄してしまったせいだ。

「会津藩校日新館」は、現在のままに復元され、会津観光も目玉になっている。

中心に孔子廟を祀り、儒学、武芸はもとより、医学、天文学、水練水馬を教えるプールまでついている。

画像の説明

幼児組の心得「童子訓」に

(1)年長者のゆうことにそむいてはなりませぬ。

(2)年長者にはおじぎをしなければなりませぬ

(3)嘘をついてはなりませぬ

(4)卑怯なふるまいをしてはなりませぬ

(5)弱いものいじめをしはなりませぬ

(6)戸外で物を食べてはなりませぬ

(6)戸外で夫人を言葉を交えてはなりませぬ

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

これが、「ならぬものは、なりませぬ」の精神です。

忍耐も勇気のひとつなのです。

いつの時代も曲げてはならないことはあるのです。



よろこ