こころのささえ

笑われた 腹が立った でも 少しだけだった
笑われた 傷ついた  でも そんなに深くはない
笑われた 少し引っかかった でも 流した
自分は後悔していない こころは汚れてない
だから 少しうれしかった

生きるのに疲れた
助けてほしい でも大丈夫
泣きたい つらくて悲しい  でも大丈夫

わかってもらえないから
誰にもどうにもできないから

でも こころをささえるから 
ひとりじゃないから

だから大丈夫


文化とは、先人たちが、精練したもの、教化したものをいいます。
文化を吸収して、身に付ける行為そのものが、教育です。何かを身に付けようとする行為が始まった時、こころのささえは、始まります。

わかったとき

他人といい距離が取れるようになると、気分よく生きられます。
いい人をやめると、心がかるくなります。
一人の時間においてこそ、深みのある自分がつくられます。

自分の内側のちょっとした違和感は、こころの深いところからのメッセージです。
そして、自分を孤独の世界に置いてみると 、
人の寂しさも孤独な気持ちもわかるようになります。
寂しさがわかったとき、人に優しくなれるでしょう。
そして、いろんな人とつながりましょう。


<つながり>を作るための三原則

1.人と適度な距離を保つこと。他者に過剰な期待はしないこと。
2.人に「伝え切れなさ」を受け入れること。
3.自己表現を恐れないこと。自己表現はコミュニケーションの出発点。つながりは自己表現から生まれる。

Blog


画像の説明

文tterA

情報は、outputしないと身につかない。

コmment B

コメント力はあらゆる場面で役にたつ。

スpeach C

同じ人間なのに、なぜなの?
■感動スピーチ"I Have a Dream"

不登校vsIT塾

いじめで学校へいけない、不登校で、授業についていけない、引きこもっている。それでも方法はあります。

画像の説明